NISHIZAWA

つねに電気計測技術の明日を見つめて

株式会社西澤電機計器製作所

〒389-0601長野県埴科郡坂城町坂城6249
TEL.0268-82-2900 FAX.0268-82-1730

流量補償方式換気カプセルディジタル発汗計

SKN-2000

■ 換気カプセル型発汗計を用いた手掌部精神性発汗測定方法と測定結果

SKN-2000

右図のように、カプセル(プローブ)の開口部にカプセルパット※の片面を貼り付け、カプセルパットのはくり紙を剥がして、測定部位に貼り付けます。カプセルと測定皮膚面の間に隙間ができて、空気が漏れてしまうと正しい測定ができません。接触部がはがれてしまわないように、カプセルをサージカルテープで覆ったり、カプセル(プローブ)を衣服に固定したりします。

※カプセルパットはカプセルを測定部位に貼り付けるための両面テープで、消耗品として販売しております。

以上のように手掌部にカプセルを装着し、被験者に対し深呼吸や暗算などの負荷を加えたときの精神性発汗測定結果を下図に示します。

このように負荷に同期した反応が観測できます。

SKN-2000

※本測定例は、SKN-2000を使用し、23℃、60%RHの環境下で行ったものです。

■ 換気カプセル型発汗計を用いた運動時前胸部発汗測定方法と測定結果

上で紹介した精神性発汗測定と同様に、カプセルパットを使用し、前胸部にカプセルを装着します。カプセルが剥がれ落ちてしまわないようにサージカルテープでカプセルを覆います。

装着後、エルゴメータを使用して15分間の運動を行ったときの発汗量測定結果を下図に示します。

運動中の発汗量上昇と運動後の発汗量減少の過程が観測できます。

SKN-2000

※本測定例は、SKN-2000を使用し、26℃、50%RHの環境下で行ったものです。

■ その他の測定例

● 入浴時の発汗量測定方法、高温条件下での発汗量測定例
『湿度センサを用いた最新発汗計の開発』(pdf)

● 応用例:年間を通した夜間睡眠中の発汗量変化
ー 温風・送風式布団とその寝心地評価
『年間を通した夜間睡眠中の発汗量変化 - 温風・送風式布団とその寝心地評価』(pdf)

■ 詳しい技術情報や測定方法は、以下を参照してください。

● 発汗計 SKN-2000 トップ

● 発汗計 SKN-2000 製品概要

● 汗に関する豆知識

● 発汗計 FAQ

● 記録・解析システム FAQ

スキノス東御研究所

TOP