会社概要
会社概要

 産業や学術の分野にあってもその原点にあるものは"計測"の技術。
NISHIZAWAはその電気計測技術の領域で培われた確かな独創性をもった研究開発メーカーとして、最先端の産業機器やエレクトロニクス機器に至るまで、極めて幅広い分野で計測をサポートしている提案型の個性が開花する創造集団です。
品質管理・品質保証の国際規格ISO9001、環境管理の国際規格ISO14001の認証を取得し、環境問題に取り組んでおります。さらに、労働安全衛生の国際規格「OHSAS18001」の認証を中小企業では全国で初めて取得して、業務の国際標準化を通 じ、総体的な基礎づくりによるレベルアップを推進しています。
企業は人が主役。何よりも大切なことは人づくり、そして、一人ひとりが主役としてもっと先端技術へと挑戦し、大きな夢を育み拓くゆたかな企業風土を築くため、みんなが積極的に立ち向かい、前進への新しい風を起こしています。


創業 昭和35年1月1日
代表者 社長 西澤孝枝
資本金 2,000万円
事業目的 電気計測器の研究開発・製造販売  
福祉機器の研究開発・製造販売、医療機器の製造販売
従業員 60名
関連会社 有限会社 西澤計測研究所
主要取引先 日置電機(株) パナソニック(株)((旧)松下電器産業(株)) 松下通信工業(株) NTT(株) 日立冷熱(株) 東京電力(株) 三洋電機(株)
子会社 株式会社 ナイツ
所在地 長野県埴科郡坂城町坂城6249
最寄駅 しなの鉄道 坂城駅下車(徒歩10分)
地図
沿革

1960年1月 長野県埴科郡坂城町南条692番地に西澤電機計器製作所を創業し、日置電機株式会社の協力工場として指示電気計器の製造を開始する。
1986年4月 工場拡張のため坂城町南条648番地に新本社工場竣工し移転操業する。
1988年4月 資本金500万円で、株式会社西澤電機計器製作所を設立する。
1990年7月 日置電機株式会社の旧本社工場跡地へ全面移転し操業開始する。
1995年4月 資本金2,000万円に増資する。
1995年10月 学校教材用キットテスタの製造販売を開始する。
1995年12月 全日本電気工事業工業組合連合会の推奨品認定を受ける。
テスタ MODEL5230-01 全日電工連推第五十七号
1997年10月 品質管理・品質保証の国際規格 ISO9001認証取得する。
認証機関:財団法人 日本品質保証機構
登録証番号:JQA-1908
1998年5月 環境管理・監査の国際規格 ISO14001認証取得する。
認証機関:財団法人 日本品質保証機構
登録証番号:JQA-EM0166
1999年9月 労働安全衛生管理の国際規格 OHSA18001認証取得する。
認証機関:財団法人 日本品質保証機構
登録証番号:JQA-OH0002
2000年11月 財団法人 日本科学技術連盟 第1回日本品質奨励賞・TQM奨励賞を受賞する。
2001年10月 実習用DC-ACインバータMODEL5400の製造販売を開始する。
2005年2月 自動ページめくり器 ブックタイムMODEL5500の製造販売を開始する。
2006年8月 長野労働局長優秀賞の表彰を授かる。
2006年10月 財団法人 日本科学技術連盟
2006年度デミング賞実施賞を受賞する。
2008年7月 流量補償方式換気カプセル型ディジタル発汗計MODEL SKN-2000の製造販売を開始する。
2008年12月 読書支援ロボットの「自動ページめくり器」ブックタイムが経済産業省主催の「今年のロボット」大賞2008において最優秀中小・ベンチャー企業賞(中小企業長官賞)を受賞する。
2009年3月 そしゃく・かみしめレコーダーBR-1000の製造販売を開始する。
2009年7月 拡大読書器に係わる事業を株式会社ナイツから譲受
2010年2月 株式会社ナイツの全株式を株式会社メニコンから譲受
2011年11月 医療機器・製造販売業許可証を受ける
2012年1月 創業者 初代社長 西澤泰輔永眠
2012年2月 二代目社長に西澤孝枝が就任

高度化するニーズに対応、幅広いラインナップ

 つねに電気計測技術の明日を見つめて。
当社は、1960年の創業以来、産業分野に欠くことのできない電気計測機器の製造に取り組んでまいりました。幅広いユーザーからのご要請に応え、アナログマルチメータをはじめとする各種製品を提供しております。その開発・製造に際してはつねに最新の計測技術の成果を活かし、より高機能、高品質で、使いやすい製品づくりをめざしています。
電気計測の領域に優れた性能と品質を提供

 また各種パネルメータにおいては、NISHIZAWAブランドのもと、幅広い産業用途に対応した製品をご用意。多彩 な製品群のなかより最適な製品をお選びいただけます。
さらに高度化する計測ニーズにお応えするため、用途および目的にあわせた計測用アクセサリーを揃えました。産業界の第一線からのご要請に、卓越した信頼性と精度でお応えしてまいります。
環境問題への取り組み −環境方針−

NISHIZAWAは、すべての企業活動、製品及びサービスに係る環境影響を的確に評価認識し、環境管理・監査の国際規格ISO14001に準拠する地球環境の保全浄化に立脚した環境管理システムを構築して、地球との共生、社会との共生を図り、自然の恵沢を次世代に継承享受し得る環境調和社会を拓くは、企業の社会的責任であり、人類共通の地球規模的な緊急課題との視点に立ち、地球が変わる、私たちが変える。蘇らせる一歩、そしてまた一歩。を信条に確かな自然蘇生への使命を全社一丸で遂行することを基本理念としています。
1.環境負荷の低減に結ぶ省資源・省エネルギー・再資源化・廃棄物の排出削減・有害物質の排除を推進する。
2.「持続可能(サステナブル)な社会」の実現のため、環境保全の継続的改善の実行と、環境汚染の未然防止の確立に努める。
3.NISHIZAWAの環境側面に関係して、適用可能な法的要求事項及び、NISHIZAWAが同意するその他の要求事項をコンプライアンス(遵法)精神に立脚して順守する。
4.この方針に基づいて、環境目的・目標を設定し、定期的に見直しをする。
5.本方針は社員一人ひとり及びNISHIZAWAのために働く人々に周知され、環境教育の啓蒙による環境意識の浸透と、環境管理活動の質的向上を目指した自覚を喚起する。
6.全ての方々ならびにステークホルダー(利害関係者)に対し、環境方針ならびにNISHIZAWAの環境問題への取り組みをHP上に公表する。